2016年08月18日

コミックマーケット90お疲れ様でした

夏コミも無事に終わりましたね。
参加した皆様、お疲れ様でした。
スペースにお越しいただきCDを手に取ってくださった方、
視聴で楽曲を聴いてくださった方、本当にありがとうございました。

新譜「TRIC☆STAR-Side Prequel-」もたくさんの方に手にとっていただけてとても嬉しかったです。
体調面での理由から新曲でのアルバムは「Love Elements」以来、久しぶりになってしまいましたが、
少しずつ体調とも相談しながら楽曲制作を進め、無事に頒布することができました。

今回のCDは2部構成の前編という事で季節物の春と夏の楽曲として「桜雨〜始まりの春〜」
「炎の華」の2曲を収録しました。
こちらに対して、後編では秋と冬の楽曲を収録し、2枚揃うと四季の楽曲が揃うという趣向になっています。
それ以外の楽曲も「TRIC」の文字通り様々な音や音楽ジャンルがもつれた一筋縄ではいかない作品
になる予定ですので、後編の「TRIC☆STAR-Side Sequel-」も是非楽しみにしていてください。

次回のイベント参加はコミックマーケット91を予定しています。
当落が分かり次第またHPのInformationやTwitterでお知らせします。

また、新譜「TRIC☆STAR-Side Prequel-」は下記同人ショップにて委託販売も行っておりますので、
当日お越しいただけなかった方はこちらもご利用ください。

【とらのあな】
http://bit.ly/2b5iyLs
【メロンブックス】
http://bit.ly/2bqRaL3
【あきばお〜こく】
http://bit.ly/2aXWtf6

これからも良い楽曲を制作していけるよう頑張っていきますので、
今後ともGRASPER、そしてSUGURUをよろしくお願いします。
posted by SUGURU at 23:52| Comment(0) | 日記

2016年08月01日

コミックマーケット90新譜情報

GRASPERは8月14日西l-08bにて新譜「TRIC☆STAR -Side Prequel-」を頒布します。

タイトルの由来としては収録曲のデモを通して聴いた時に様々なジャンルや表情の曲が入っていて、
「いたずらっ子」みたいなアルバムだなと感じたので「TRICKSTAR」というのが浮かびました。
そこにGRASPERの音楽に不可欠なElectricな要素をどうしても入れたかったのもあり、
たくさんの音や曲が良い意味でもつれた一筋縄ではいかないアルバムということで、
「TRICK」の表記を「TRIC」にして「TRIC☆STAR」と名づけました。
さらにSide Prequel(前編)という事で、じつはGRASPER初の2部構成になっています。
現在制作中のSide Sequel(後編)と合わせて1つの作品になるという趣向にしました。

ここからは各楽曲の紹介です。

【収録曲】
1.RE-LIGHTS
Lyric:SUGURU/Music&Arrangement:SUGURU/Vocal:初音ミクV3
C89にて無料配布した楽曲をリマスタリングしました。
キック等の音色も変わっており、よりソリッドな感じに仕上げました。
スピード感のある「かっこいいアニソン的な曲」というテーマで制作しました。

2.炎の華
Lyric:マキ/Music&Arrangement:SUGURU/Vocal:初音ミクV3&巡音ルカ
四季をテーマに制作した楽曲の一つで「夏」の曲です。
夏の夜空に咲く大輪の花火を描いたミクとルカのデュエット曲です。
90thデジロック的な大胆なアプローチのサウンドと過ぎていく季節の切なさを感じる歌詞に注目の1曲です。

3.桜雨〜始まりの春〜
Lyric:マキ/Music&Arrangement:SUGURU/Vocal:初音ミクV3&巡音ルカ
四季をテーマに制作した楽曲の一つで「春」の曲です。
ミクとルカのデュエットによるピアノバラードの卒業ソングになっています。
女の子同士の親友、男女の親友とどちらの視点でも聴けるようになっています。

4.指先の恋
Lyric:マキ/Music&Arrangement:SUGURU/Vocal:初音ミクV3&巡音ルカ
ミクとルカによるポップなEDMのデュエット曲です。
リズミカルなエレピのバッキングとチップチューン的な音色が印象的な曲になっています。
ベースラインの気持ちよさも意識しながら制作しました。

5.resonant voice
Lyric:マキ/Music&Arrangement:SUGURU/Vocal:巡音ルカ
ボーカロイドとマスターの絆というテーマで制作した曲です。
3rdアルバム「Recollection」に収録されている同テーマの「KIZUNA」がミクの曲だったので、
今回はルカの曲ということで制作しました。
デジタルビートに生ギターというGRASPERの真骨頂ともいうべき楽曲で最高にかっこいいルカさんを味わえます。

6.Piece of Future
Lyric:マキ/Music&Arrangement:SUGURU/Vocal:初音ミクV3
ミクによる前向きで明るいロックナンバーです。
生のロックギターとシンセのギターが共存した「DTMだけど有機的」な楽曲に仕上げました。
曲順を考えた後に感じたことですが、後編のSide Sequelに向けてのブリッジ的な役割も担っている曲な気がします。

C90では上記に加えて旧譜も持って行きますのでそちらも合わせてよろしくお願いします。
当日は西l-08b「GRASPER」でお待ちしています。
posted by SUGURU at 00:23| Comment(0) | 日記